オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オサートについて

従来のオルソケラトロジー治療は、もともと軽度の近視を対象にしている為、つまり「一回のレンズデザインで終わり」ということが、従来のオルソケラトロジー治療の限界とされていました。こうした問題を解消するために、最近新たに開発されたのが、オサートという技術です。オサートの基本コンセプトは、「ステップアップ」という考えに集約されます。

つまり、一回のレンズデザインで終わりだった従来のオルソケラトロジーの治療に対し、最初のレンズ装着後、治療の進捗に伴い、治療された角膜の状態に合わせてレンズデザインを変え、徐々に段階的に角膜の形状をさらに凹レンズ化させ、2回以上のレンズデザインを行う、というものです。この治療法により、従来のオルソケラトロジーでは治療できなかった「強度近視」「乱視」「遠視」「老眼」まで対応することが可能になりました。この技術は、米国と日本で特許を取得しています。

オサートだと、レンズデザインを段階的に分けてステップアップしていくことで、0.01の強度近視であっても徐々に矯正され、最終的には1.5程度まで裸眼視力の改善が見込まれます。強度近視や強度乱視のみならず、レーザー手術が適さない円錐角膜、レーザー手術後に出現した再近視化や角膜移植後の不整乱視など、あらゆる角膜形状に対応可能となりました。さらに、強度の遠視に対しても充分な治療効果をあげており、老眼へのアプローチも実践されています。

ただ、この治療には、特有の診断と治療技術が兼ね備わっていなければならず、現在、この治療を適切に行うことができる施設は限られ、日本では「オルソケラトロジー」を日本で最初に始めた三井石根医師の「三井メディカルクリニック」のみとなっています。