オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーの副作用について

オルソケラトロジー治療はレーシック手術と比べ、それほど重篤な副作用がでたという報告は今のところ無いようです。しかし、若干の副作用が出る場合もあるみたいです。例えば残余乱視があります。乱視は、非常にデリケートな角膜のゆがみなので、オルソケラトロジーで角膜を矯正することで一時的に 乱視が強くなったと感じる人もいます。ただ、通常は一ヶ月程度で元の状態に戻るようです。

また、夜間、信号機や電灯の光などがボーッとにじんで見える、夜間のグレアという症状経験した人も多いようです。これは暗いところで瞳孔が開き、 オルソケラトロジーで治療した角膜の大きさを越えてしまうため、というのが原因の一つとして考えられます。この症状も、一ヶ月程度で気にならなくなるみたいです。

通常のコンタクトレンズでも、使い方を誤れば、角膜炎・角膜びんらんなどの副作用が起こることがありますが、オルソケラトロジーも、コンタクトレンズなので、同じケースが起こる恐れがあります。このため、使用、管理には充分気をつけなければいけません。失明、というような重篤な副作用がでることはまず起こり得ないと考えられていますが、中国で起きた事件のように、オルソケラトロジー用として認められていないレンズの使用や衛生管理が不十分であれば決して起こり得ないものではないのです。

オルソケラトロジーは、レンズ形状を利用した角膜の変形、という現象をベースとしたものなので、眼に対するストレスというものは少なからず存在するわけで、治療には慎重な姿勢で臨まなければいけません。特に長期装用や低年齢層に対しての使用については、未だ安全性への検証が不十分なようで、医師による厳しい適応判断と経過観察が大切となります。医師の経験、技術の向上で、今後はこうした危険性もさらに少なくなるものと見られています。