オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーの眼科選びのポイント

オルソケラトロジーは、レーシックと比べても、まだ行っている眼科医は少ないですが、それでも、施術を考えた場合、眼科医選びは慎重に行った方が良いでしょう。レーシックとオルソケラトロジーを両方行っている眼科医が多いので、まずは、レーシックでどの程度の実績があるか調べると良いでしょう。医師の眼科医としての経験を確認することも大切です。これ以外、ネットの口コミなどで、信頼できる医師を探してみることです。

オルソケラトロジーで使われるコンタクトレンズは、就寝中に装用する特殊なタイプのものなので、眼科経験の少ない医師が、不適切なコンタクトレンズを選択し、それを治療に用いてしまうと、感染症や失明などの重篤な副作用を引き起こす恐れがあります。医師の実績以外、治療に用いるコンタクトレンズの情報を提示し、治療の方針・適正検査の説明をきちんと行ってくれるかどうか、治療を開始する前に、必ず確認する必要があります。

クリニックではまず、担当の医師が「眼科医認定カード」をもっているかを確認することがポイントです。眼科医には「眼科専門医制度」があり、5年以上の眼科病院での診療経験がある医師に対し、「眼科医認定カード」を発行しています。日本眼科学会のホームページで、都道府県別、氏名の両方から眼科専門医の検索が可能なので、調べてみるのも良いでしょう。

患者に対し、治療の目的や方法、効果や利点、危険性、 起こりうる可能性のある副作用、経過予想や治療にかかる費用などについて、 十分に分かりやすく説明し、患者から治療の同意を得る、インフォームドコンセントをしっかり行ってくれるかも確認すべきです。ろくに説明もせずにすぐに治療を勧めるようなところは要注意でしょう。