オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーのデメリットは?

オルソケラトロジーの一番のデメリットは、やはり、治療に時間がかかる、という点でしょう。レーシックの場合、手術を受けると、すぐに視力を回復させることが出来ますが、オルソケラトロジーはその特性上、定期的にレンズの着用をする必要があり、あくまで一時的に角膜の形を変えるだけなので、レンズの装用を止めれば視力は元に戻ってしまいます。このため、定期的なレンズの装用が必要で、また、眼に異常がないかどうか、定期的に医師の診察を受けなければいけません。

また、オルソケラトロジーはほとんどの患者に効果がありますが、中には期待通りの効果があらわれないケースもあります。これは角膜の柔軟性に大きく影響されることがあります。オルソケラトロジーは角膜の形状を変えるものなのですが、角膜の柔軟性は患者ごとに差があります。さらに、角膜の柔軟性は、判断が難しく、熟練した専門医でも実際に治療を開始してみるまでその効果はわからないのが現状です。

こうしたことから、角膜の柔軟性に難があるなら、中程度の近視でも治療の効果があらわれなかったり、逆に、オルソケラトロジーに向いた人なら、強度の近視でも良好な効果があらわれるケースもあります。実際のところ、中程度までの近視の場合、ほとんどの患者がオルソケラトロジーで良好な効果を得ていますが、向き不向きに個人差があり、角膜の柔軟性による不確定要素があるのもデメリットと言えるでしょう。

これ以外、最強度近視や症状の強い乱視の場合は医師から受けられないと診断される事もあり、やはりすべての人に効果がある、とは限らないもので、診断によって、このあたりの部分でも個人差が出てきます。また、日によっては回復の度合いにやや差があり、安定性に少々難のある傾向がある、ということも知っておいたほうが良いでしょう。