オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


定期検診は忘れずに

オルソケラトロジー装用時で一番大事なのは定期健診を受けることだと言っても過言ではありません。通常のコンタクトレンズでも同じですが、自分でケアをしているつもりでも知らず知らずのうちにレンズが痛み、オルソケラトロジーの場合には、合併症が起きる可能性があるからです。この合併症が進行することで、視力を悪化させ、せっかく矯正したつもりだったのに、逆に視力が0.1以下になってしまう場合だって、あるからです。

ですが、万が一合併症にかかってしまったとしても、初期にそれがわかれば、治療することで、治すことができるのです、早期発見は非常に重要と言えますので、必ず、定期健診を受けることを守っていただきたいですね。実はこれからオルソケラトロジーを受けようと思う方であればこそ、最悪の場合も考えて今後に対処して頂きたいと思い、まずはその話題を提供したのですが、早期発見で合併症はほとんどが回復しますので、定期健診だけは守って頂きたいです。

定期健診を受けない方で一番多いのは、装用期限を守らないケースです。続いて、きちんと毎日洗浄液に浸すことをせずに、レンズを装用する場合です。ケアを怠れば、必ず、不具合が生じますが、適切なケアを守り、定期健診を守れば、何も問題がないとさえいえるのが、オルソケラトロジーの特徴です。

自分の視力を矯正しようと思って、あるいは、お子様の近視の度数が進むのを抑えようと始めたオルソケラトロジーです。医師の指導を守り、ケアを怠らず定期健康診断を守ることで、ぜひとも、視力矯正をお安全に実現していただきたいと思います。通常、その検査日は、使用開始翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後と続きますが、その後は半年に1度でいいのです。視力検査と同時に、眼の異常を検査してもらえますし、レンズの洗浄も専門家に行ってもらえますので、必ず、定期健診を受けましょう。