オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーほど、視力矯正に安全なものはないと言えるでしょう。ですが、中には、寝たままでレンズを付けておくのが嫌だという方がおいでかもしれませんね。ですが、害があるものではないことが、アメリカでは日本の厚生労働省と同じ機関で認めているのです。さて、そのレンズとはどんなものだから、安全なのでしょう。

通常のコンタクトレンズと変わりはなく、通常のコンタクトレンズと同程度の扱い上に注意があるのはやむをえません。ただし、特に、高酸素透過性のレンズですので、装着している最中に目にゴミが入って痛むとか、不意にはうzれて、失ってしまうとか、そんな心配がないので、通常のコンタクトレンズより、安全性が高いことにつながるのです。

あるいは、メガネと違って、どこに置いておいたか忘れ足り、湯気で曇ってしまう心配もありません。ドライアイを防ぐために、目薬が手放せないコンタクトレンズとも違います。着脱は基本的な線免許で行いことになるでしょうが、それさえきちんと守れば、オルソケラトロジーは非常に手軽に扱えると言えるでしょう。

あるいは、激しい運動として、サッカー、ウインドサーフィン、水泳などを行う場合は、裸眼の方が安心です。日中だけ、裸眼でいられるオルソケラトロジーは、スポーツ選手にはとても便利なものなのです。仕事柄、た音江ば、消防士の場合、裸眼がいいとも言われていますし、若い人にも、人気があるのはうなづけます。