オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーをお勧めできない人とは?

オルソケラトロジーが使用できない場合はどんな場合でしょうか? 大きく次の4つに分けられます。

1、円錐角膜の人
2、近視が強い人
3、乱視が強い人
4、重度のドライアイの人 です。

以上のうち、円錐角膜の場合については、近視の場合で、眼鏡やコンタクトを付けた場合に、視力が0,5以上であれば、大丈夫とされています。また、乱視については、軽度のものであれば、大丈夫です。軽い程度であれば、オルソケラトロジーでその乱視を補うことができるからです。

ドライアイについても重度場合には、レンズを使用することをお勧めできませんが、経度であれば、医師が判断したのちであれば、使えると思います。ですが、寝ている間に使うレンズですので、通常のコンタクトレンズよりは、角膜が潤っていると考えています。そのおかげで、通常のドライアイの方がコンタクトレンズを使うよりは楽であると言われているのです。

ただし、コンタクトレンズも使ったことがない人の場合、目に感じる違和感のために、オルソケラトロジーが使えない人もいます。医師がたとえ大丈夫と判断しても、使えない場合もあることをご承知ください。このように、すべてが医師の判断で決まるのではなく、最終的に条件がそろっても、最後は、本人次第とも言えるでしょう。できるだけ、受け入れられる努力をしていただければと思います。というのも、特に幼い子供の近視を抑制する効果があることから、子供たちを頑張らせるのも、おとなの役目ですから。