オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーのメリットとデメリット

メリットとデメリットを知り他の視力矯正方法と比較しながら、考えてみられたらいかがでしょうか?まず、メリットとしては次のようなことが挙げられます。

1、裸眼で過ごすことができる時間があります。
2、7歳から60歳くらいまでという、幅広い年齢層で利用が可能です。
3、使い捨てコンタクトレンズ程度の費用で済みます。
4、取り扱い方が、通常のハードコンタクトレンズとほぼ同じです。
5、18歳未満であれば、近視の進行を抑える効果があります。
6、最初は、テストレンズを使用して効果を確かめますので、安心です。
7、問題が起きれば、すぐ着用を中止できます。角膜に損傷が残りません。

この中で、私が一番ありがたいと思うのは、若い人の近視を抑える 効果があるという点です。未成年の人は、新陳代謝が活発ですので 角膜がやたら柔軟だから、近視の進行を抑えることができるのですが、 その柔軟性ゆえに、すでに近視の方の視力回復も可能なのです。

そこで、デメリットを考えると、
1、定期的にれんす着用が必要です。
2、近視、乱視の度合いがひどい場合には使えない場合もあります。
3、使い始めたときには、視力が安定しない場合があります。

以上の点から、自分の視力をきちんと測定すること、寝るときには、レンズがちょうど瞳の真ん中で安定している姿勢で寝るために、うつぶせの癖がある人は、これを直しておくことが必要です。

これらを考え、医者の判断を仰いでから、オルソケラトロジーを始めることにしてください。そのためには、初回検査は保険を適用してくれるところ、さらに、始め粗、テストレンズをきちんと用意してくれる、さらにその後もてちき検診が行われる、そんな信頼できる医者を選ぶことです。