オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーの効果

オルソケラトロジーは、前述のように、角膜の形をレンズによって変えるものですので、夜にそのレンズを装着する期間が長くなるばなるほど、角膜に癖がついていきます。ですから長期間このレンズを着用するほど、効果は上がるのです。その個人差は否めませんが、たとえば開始して半年もすれば、連日夜に着用しなくても、1.0以上の視力があらわれると結果がでる人もいるのです。

他には、夕方になると視力が元に戻るのがわかる方もいらっしゃいますが、その場合でも1週間もすれば、夜遅くまで視力が維持できるようになったとのことです。このように視力が回復しやすいのは、角膜が柔軟性があり、形を変えるのが比較的容易だからですね。レンズに合うように角膜が形をかえ、それが癖になるまで続けることができれば、視力回復の効果は高いのです。

具体的な数値をご紹介しましょう。裸眼では0,5程度の近視だった場合、オルソケラトロジーを継続的に使用することによって0.8以上になりましたし、そのうち78%の人は、視力が1.5以上になったというのです。これは裸眼でもっと視力が悪くても回復は可能ですし、左右が近郊でない場合でも、最終的に左右同じ、1.0程度に回復した例も多いです。この程度の視力が維持できているとお話の方も多いですね。

ところで、オルソケラトロジーを使用する場合、望ましい視力は、眼鏡やコンタクトレンズを付けて0,5以上であるうことです。ただし、着用する人の角膜の柔らかさなど、ほかの条件によっても変わりますし、強い乱視がある場合には、矯正が不可能な場合もあります。ただし、自分で不可能だと判断されるのではなく、医師と相談することをお勧めします。というのは、矯正後にどの弱いメガネで補う方法だってあるからです。