オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーの特色

手術をしないで、視力が回復するところが、オルソケラトロジーの大きな特色です。しかもコンタクトレンズが通常のハードコンタクトレンズと、扱い方がほとんど同じでありながら、昼間の間だけ、あるいは夜だけこのレンズを装着するという方法なのです。

手術をしないことから、角膜はいつでも元に戻るわけで、失敗して、角膜を損傷するなどという危険が全くありません。その点からも、手軽にオルソケラトロジーに挑戦ができるのです。言い換えれば、オルソケラトロジーは、角膜の形を変えて、視力の改善を図るものではなく、効果が表れない場合でも、そのレンズの装着を中止すれば、角膜は、自然に元に戻ることができるのです。

レンズのケアとしては、通常のコンタクトレンズと同じように、日ごろのケアは必要です。ですが、施術に失敗が少ない点からも、コンタクトレンズのケアはさほど気にならないのではないでしょうか?たとえば、最新の近視を矯正するために、レーシックという方法がありますが、こちらは、手術をするので、危険性が若干多くなってしまうのは当然と言えますよね。

ところでオルソケラトロジーは未成年で角膜に水分が多く、柔軟性のある人であれば、さらに、オルソケラトロジーの効果が出やすいと言われています。中には、完全に近視が治癒される場合もあるほどですので、レーシックなどの他の近視矯正の方法をよく確かめることをお勧めします。60歳ぐらいまでであれば、効果があると言われていますので、医者との相談が欠かせませんね。それは、まず、自分の目の状態をきちんと検査してもらうためです。

[PR]血液センターに転職したい看護師さんはこのサイトを読もう!