オルソケラトロジー@情報館 | 眼科・費用・危険(失敗例)など


オルソケラトロジーをご検討中の方へ

「オルソケラトロジー@情報館」へお越し頂きありがとうございます。当サイトではオルソケラトロジーの費用・危険・失敗例・眼科・デメリットなどについて解説しています。今後オルソケラトロジーの予定がある方は是非ご参考下さい。

オルソケラトロジー(Orthokeratology)は、視力回復の治療法として広まりつつありますが、特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用することで角膜形状を変形して視力矯正する方法を言います。 主に就寝中に専用のコンタクトレンズを装用することで角膜形状を矯正しますが、コンタクトレンズを外した後も一定期間裸眼視力を維持できることが大きな特徴と言えます。

通常は眼から入った光が網膜にうつされることでものが見えるのが眼の仕組みですが、これがうまくピントが合わない場合、ものが見づらくなりますよね。近視の場合は、目から入った光が網膜の手前で集まってしまうので、ピントがぼやけて、見えにくくなるのです。オルソケラトロジーは、この原理を利用しております。

つまり、レンズの先端をあらかじめ、平にしておくことで、就寝中の角膜の形を変えるのです。目から入った光がこれでうまく網膜上に集まるように調整しているのです。具体的には、寝ている間もコンタクトレンズをしたままでいるのですが、これについては医師の指導を受けながら、正しく管理すれば、何の心配もないと言われております。ですから、最終的にオルソケラトロジーを受けるうかどうかは、医師の診断に従うことが大事ですね。

ところで、近視、乱視の度合いは、人によってそれぞれ違うのがあたりまえです。レンズは、オーダーメイドで作られますが、なお近視や乱視の度合いは人によってそれぞれ違うので、ですから、レンズはすべてオーダーメイドとなります。日本の厚生労働省と同じ組織であるアメリカFDAの認可を受けた「高酸素透過性レンズ」を用いた病院がお勧めですが、これであれば自分の目の形に合わせて、正しいレンズが使用されるからです。

当サイトはこれからもコンテンツを随時追加していく予定です。各コンテンツは右側のメニューからお進み頂けますので是非ご覧下さい。

視力回復関連サイト



[相互リンク] ノコギリヤシ+セサミンE
アロマエッセ ヘアフォーライフ すっぽんサプリメント プラシーゲルモイスト 海麗 アユーラ エナジーオブアユーラ ウェルバランス fサインディフェンス 白髪染め